ふじの郷だより

福岡県久留米市にある高齢者生活支援ハウス(居住部門・デイサービス部門)ふじの郷と訪問入浴サービス ふじの郷を紹介いたします

令和二年 新年のご挨拶

01210093


令和二年 新年のご挨拶  
 

みなさま、明けましておめでとうございます。

令和になって初めてのお正月を迎えました。
昨年は、ひびきの杜設立から15年の区切りの年でした。
ところが、7月21日には大雨のためにはじめて床上浸水の被害にあい、
秋から年末にかけて大規模な復旧工事を余儀なくされました。
もちろん水害には再び見舞われたくはありませんが、
一方では、そのおかげで一階のフロア全体と二階のホールの床が
新しく貼り代わりまして、
新鮮な気持ちで新たな年を迎えることとなりました。

「人生万事塞翁が馬」のことわざにもあるように、
生きていく間にその時々には不幸なことだと思われたことが、
のちの幸いの源となることもしばしば経験されます。
 人は、年齢が増えていくにつれさまざまに体の不具合が現れ、
今までできていたことができなくなっていくことも少なくありません。
それでもなお、
新しい状況に対して適応方法を見つけ出し
新たな生き方を模索していくのも、人間の特徴です。

「ふじの郷」も、
歳を重ね組織として大人になっていくのに合わせて、
目の前の変化にも臨機応変していくことができるよう、
これからも努力してまいります。

新しい一年も、何とぞよろしくお願い申し上げます。


社会福祉法人ひびきの杜 理事長 齋藤考由  

どうぞ良いお年をお迎えください!

新しく始まった令和元年も終わろうとしています。

本年は様々な自然災害が多く日本列島を襲い、
久留米も大きな浸水被害があり、
ふじの郷も開設15年目にして床上浸水という
思いがけない被害を受けました。

それでもふじの郷に関わるたくさんの方々からご心配の声や
「頑張って!」という応援の声を頂戴し、
振り返れば温かさに満ちた1年だったと感じます。

さあ、いよいよ令和も2年目を迎えます。
東京オリンピックという大きなイベントもあり、
どうぞ日本が明るく平和な1年でありますように。

そして私たちも変わらず明るく新しい年を
みな様と一緒に歩んでいけますように。
なにより、ふじの郷に集う方々が笑顔でおられますように。

1年間、本当にありがとうございました。
どうぞどうぞ良いお年を!

施設長 長谷川 美樹

yoiotoshiwo_omukaekudasai_y


2階へお引越し!

7月に施設が床上浸水の被害にあい、
そのために色々な不具合が出ていたのですが
ようやく7日から工事が入ることになりました。
それにともない、デイサービスは2Fのホールで営業をすることになったため
本日、ご利用者様がお帰りになった後、2Fへのお引越しを行いました。

これから2週間ほど、ご不自由をおかけするとは思いますがどうぞよろしくお願い致します。
20日には工事が終了し、リニューアルしたデイフロアで皆様をお迎え致します!

IMG_8978

このような感じでお迎えいたします♪

がらんとした1F↓

IMG_8980

秋のタペストリーがなんだか寂しそうです・・・・
IMG_8981

粗食の日

今日は終戦記念日ですね。

ふじの郷では毎年この日のお昼ご飯は
「粗食の日」のメニューを提供しています。

20190815sosyokunohi (2)

*メニュー*
ご飯
精進揚げ
五目豆・炊き合わせ
胡麻豆腐
すいとん

そしてタペストリーも8月・お盆バージョン

IMG_7901

本来なら今日は筑後川で精霊流しがあるのですが
残念ながら雨・・・(でも決行するそうです)

その代わりと言ってはなんですが
ふじの郷の花火の下流れる精霊舟でお送りしたいと思います


今年もそうめん祭りを行いました

今年も8月8日から14日まで恒例のそうめん祭りを行いました!

2019そうめん祭り

上記の写真は個人用ですが、
実際にはテーブルにど~ん!と
氷を敷き詰めた大きなお盆の上に
そうめんを山ほど盛って提供させていただいています♪

毎日付け合せのおにぎりは種類を変えて提供させて頂いていて
それも皆さんの楽しみとなっていたようです

あるスタッフの感想・・・
(山ほどそうめんも食べた後)
「おにぎりを6個しか食べていないのに
夜、お腹がすかなくてビールが美味しくないんです」www

スタッフもご利用者の皆様も堪能していただいた
そうめん祭りでした!

また来年も開催しますので、どうぞお楽しみに!

新年のご挨拶

0438
2019年 新年のご挨拶

新しい年を迎えるにあたり、ご挨拶申し上げます。

昨年のご挨拶では、平成という元号の区切りを迎えるということを
述べさせていただきました。
そして、いよいよ5月から用いられる新しい元号が、
4月1日に発表されることとなりました。
即物的には年代の呼び名が変わるだけのことですが、我々日本人にとっては、
やはり新しい時代を迎えるという清々しい気持ちが湧いて参ります。  

私たちが運営しているふじの郷の各部門においては、
平成後半の15年余をかけて、
ようやく施設の持つキャパシティをフルに活かした
地域福祉活動ができるところまで育ってまいりました。

来たる新しい時代に向けては、
より一層その活動内容を充実させていくべき時を迎えたと感じております。
どうぞ、本年もよろしくご利用のほどお願い申し上げます。

社会福祉法人ひびきの杜 理事長 齋藤考由

ふじの郷開設14周年記念 高山大知 ハンドフルートコンサート

7月21日(土)の2時より
ふじの郷開設14周年記念
高山大知 ハンドフルートコンサートを行いました。

ハンドフルートとは、
楽器を使わずに自分の両手を組み息を吹き込んで音を出す奏法で、
高山さんは中学生のときにこのハンドフルートに出会い
独学で習得されたとのこと。

TV・ラジオ、コンサートやイベント、
また学校や施設などで音楽活動を多数行っておられます。

曲目は
1.少年時代
2.いい日旅立ち
3.恋に落ちて
4.チャーチルダーシュ
(「心の瞳」齋藤考由 ミニステージ)
5.上を向いて歩こう
6.川の流れのように
7.見上げてごらん夜の星を

ハンドフルートという初めて聴く演奏であることだけでなく
その音色の優しさ、温かさ、そして心が癒されてゆく感覚に
会場の皆さんはじっと耳を傾け熱心に演奏を聴いておられました。

高山さんがアンコール曲を紹介する際に
このような演奏を通して自分には沢山の故郷が出来ましたと
おっしゃっておられましたので、
是非、ふじの郷もその故郷の一つに加えて頂けたらと思った次第です。

また、ふじの郷でお会いできますことを
楽しみにお待ちいたしております。

20180721ハンドフルートコンサート (1)

ふじの郷14周年を迎えるにあたって

この14年間に出会った沢山の方々に心から感謝しつつ
これからもますます元気に明るく頑張って参りますので
どうぞ今後ともふじの郷をよろしくお願い致します。

ふじの郷 スタッフ一同

101歳のお誕生日

うちの施設に来ておられる方の今日は101歳のお誕生日♪

耳はかなり遠くなられたけれど
100歳を超えてもなお前向きに色々なことに挑戦され
真摯に努力される本当に素敵な方です。

人としても思慮深く、包容力にあふれ 優しく暖かな人柄で、
皆さんから慕われておられる方で
そのような方がうちの施設に来て下さっていること自体、
本当にありがたいことだなと思います。

お誕生日を迎えられた方には
手作りのケーキと誕生日のカード、歌でお祝いするのですが、
しっかり立ち上がって皆さんに向かって
「目も見えなくなり、耳も聞こえなくなって
何にも出来なくなってきましたけれど、
これからもどうぞよろしくお願いします」とご挨拶されました。

どうぞこれからもお元気で私たちの憧れであって頂くとともに
ますます素敵な伝説を作っていってほしいなと思います。

来年も同じようにお誕生会が出来ますように・・・・