ふじの郷だより

福岡県久留米市にある高齢者生活支援ハウス(居住部門・デイサービス部門)ふじの郷と訪問入浴サービス ふじの郷を紹介いたします

2014年09月

今年も柿がなりました♪

昨年、初めて柿の実がなり(それもたわわにw)
それを干し柿にしましたが
今年も丸々とした実がなっているのを発見!

柿の花も見なかったし
実がなるのは一年越しという話も聞くので
今年は実がならないのかな・・とあきらめていたところ
まだまだ色付いてはいませんが
10個ほど木の葉に隠れて大きく実っているのを見つけました。

数は少ないかもしれないけれど
今年も実ったことが嬉しいですね。


2014kaki

コスモス畑へ変身中♪

ずいぶん涼しくなってきましたね。

ふじの郷のタペストリーもひまわり畑からコスモス畑へ変身中w

20140922

子ども会との交流会を行いました

例年、この時期に地元地区の子ども会の子ども(小学6年生)たちが
公民館に寝泊りして学校に通うという宿泊研修があり
公民館には入浴設備がないので、
入浴はうちの大浴を使っているのですが
最終日にはいつも皆さんでふじの郷へいらして下さり
利用者の皆さんとの交流会を行っています。

今回、子どもたち11名、保護者の方7名総勢18名の方が来訪。

10時半からご利用者様たちと一緒に体操を行い
体操終了後、子ども達が組体操とダンスを披露してくれました。

お孫さん(いやひ孫さん?)ぐらいの子どもたちの演技に
皆さん、楽しそうに(愛おしそうに)目を細めて
笑顔一杯でご覧になっておられ
一つ一つの技が決まる度に、歓声と大きな拍手が。

私たちの無茶振りとも言えるアンコールにも
頑張って応えてくれましたww

組体操とダンスの後はご利用者様と一緒に食事となりましたが
子ども達の「給食より美味しい!」
「いつもこんなのを食べているって羨ましい」
との感想にちょっと自慢しそうになってしまいましたwww

保護者の方からは
「あんなに爽やかな体操、見たことがない」という
お褒めの言葉も頂き、
これからもますます頑張らねばと思った次第です♪

20140920子ども会交流会 (20)a20140920子ども会交流会 (28)a

20140920子ども会交流会 (41)a

白身魚のフライにチキンライス、スープ♪

ずっとお元気でいて下さいね

今日は言わずと知れた敬老の日。

お昼はお祝い膳でお祝いをし(おやつは当然紅白まんじゅうw)
お帰りの前にささやかではありますが
スタッフ全員で歌のプレゼントを致しました♪

歌のプレゼントは「紅葉」。
急遽、朝に音楽担当のスタッフの呼びかけで決定したので
練習もなしのぶっつけ本番でのプレゼントww
しかも二部合唱ww
そこは音楽関係に公私で関わっているスタッフもいるので
低音をお願いして、どうにかさまになったようなならないようなww
歌の出来は置いておいて、
私たちの気持ちは届いたのではないかと思います。

どうぞ皆さん、元気で長生きして下さいね!

IMG_1516IMG_1531

「ほっとカフェ中央町」に出張体操へ行って来ました♪

今日は「ほっとカフェ中央町」という認知症カフェに呼ばれ
スタッフ3人、実習生さんの合わせて4人で出かけて
出張体操をして参りました。

「ほっとカフェ中央町」は
NPO法人城南健康ふれあい倶楽部が主催していて
気軽に集えるふれあいの場所として
毎週月曜日と金曜日に開いておられます。

久留米では初ということで、今日は福岡市からも見学に来られていました。

私たちの持ち時間は約1時間。

まずは簡単なふじの郷の説明をした後、
準備運動として皆さんで歌を唄っていただきました。
その後は毎日ふじの郷で行っている体操を皆さんにやって頂きましたが
最初の方は余裕でされておられた方も後半は結構苦戦しておられたようで
指導のスタッフの絶妙な声掛けに苦笑いも・・・・。
それでも皆さん、楽しそうに体を動かしておられました。

代表の方のお話によると
何をやりたいかと質問をすると一番多いのが「運動」とのことで
皆さん、運動不足を心配されているようだとのことでした。

今日、行った体操は家で手軽にできるものですので
是非、お家でも思い出しながら体を動かしてみてくださいね。

運動の後は、お茶とお菓子の茶話会があり
ご利用者の方が持ってこられた写真を皆さんに見て頂いて
質問に答えられるコーナーがあったり、
グループで質問や相談の時間があったりと盛りだくさんで
参加される皆さんの楽しそうな笑顔がとても印象的な素敵な会でした。
 
20140912_142754

満月会に参加しました!

ふじの郷の地元のお祭りとして、毎年中秋の名月の日に
十五夜さんの大綱引きが行われる「満月会」がありますが
今年もスタッフ3名と久留米大学からの実習生さん1名、計4名で参加して参りました♪

 大綱引きの正確な由緒や開始時期は不詳ですが、
口伝によれば約400年前の江戸時代初めの頃から、
伊勢天照御祖神社(通称大石神社)の氏子の人々が
名月の夜に綱引きを行ったものと伝わっていて
綱引きをしなかった年には悪疫がはやるとの伝説もあり、
無病息災・五穀豊穣を祈願して行われた行事であると考えられていますが
一方、大綱の形状が、一方の端に丸く輪を作り、
他方を二叉に分けることから、大蛇の姿を表現したものと考えられ、
筑後川を鎮めるための行事とも言われています。

昭和12年に戦争の影響で途絶えたものを、昭和52年に復活させたものです。

大石神社で神事が執り行われた後、それぞれの地区に小綱を担いで地区を回り、
その後に大綱を担いで町内を回ります。
私たちは、女性は松明、男性は綱の担ぎ手となって参加。
大綱は長さ35m、太さ35cm程で、約1tの重量があります。

20140908 (13)c

(出発前の頑張ります宣言www)

20140908 (24)a

(松明を抱えて大綱の先頭を歩きました!)

 町内を練り歩いた後、大石神社へ戻り、「大石抱え」が行われ
今年もエントリーしましたが、残念ながら3位!
大石は約60キロで持ち方にもルールがあり
エントリーはしたものの持ち上げられない人も・・・。
来年、またリベンジするそうですwww

20140908 (27)b

(ラストの方で抜かれましたが、約34秒、頑張りました!)

最後は大綱引き。

 綱引きは東西に分かれた地区対抗戦後、
源平合戦に見立てた
子ども(源氏役)対大人(平家役)の綱引きが行われますが
地区対抗では勝利!!
でも子どもVS大人では(この綱引きは「ゲンゴベの綱引き」と呼ばれるそう)
子どもが必ず勝つことになっているため子ども側が勝利。

大石抱えで優勝できなかったのは残念でしたが
とてもきれいな満月を眺めながら
名物のさといもを食べ、
地域の方と一緒になって
今年もこの満月会に参加出来た喜びを噛みしめていました。

また来年も素敵な満月の下で
地域の皆さんと一緒に満月会が出来ますように。