ふじの郷だより

福岡県久留米市にある高齢者生活支援ハウス(居住部門・デイサービス部門)ふじの郷と訪問入浴サービス ふじの郷を紹介いたします

2017年01月

恒例のバザーを開催致しました!

昨日22日の11時半から
ふじの郷恒例のバザーを開催致しました。

お天気が心配でしたが、寒いながらも
どうにか雪も降らず、時折晴れ間ものぞいて
スタッフの気合も充分に開始時間を待ちましたが
中には1時間以上の前からお待ち頂いたお客様もおられ
今回も大勢のお客様にご来場頂きました。
ありがとうございました!

20170122ふじの郷バザーa

買い物の後は美味しいお赤飯に豚汁、
そして最後の締めはぜんざいでほっこり♪

20170122ふじの郷バザーb

最後の仕上げは、ふじの郷の名物!?
筋肉ごく楽体操で笑って汗を流してお帰りいただきましたw

20170122ふじの郷バザーc

明後日はバザーを開催します!

明後日22日(日)11時半より
ふじの郷では恒例となりましたバザーを開催いたします♪

どうやらお天気が怪しいようですが
スタッフ一同、とびっきりの笑顔と沢山の品物を用意して
皆様をお待ちいたしておりますので
お足をお運び頂ければ幸いです。

皆様のご来場を心よりお待ちいたしております。

f628c290

今年も絵馬を飾りましたよ

今年も例年のごとく新春のタペストリーを作成し
そのタペストリーに今年の干支の鳥とともに、
利用者の皆さんの願い事を書いた絵馬を貼っています。

現在、この絵馬を飾ったタペストリーの前で記念撮影をしていますが
そのお写真は、皆さんが書かれた絵馬と一緒にパウチをして
お手元にお届けする予定です。

皆さんがその絵馬と写真を見て、その願いをときどき思い出しながら
いい1年を過ごされますように・・・

2017新春タペストリー (1)

昭和の名曲コンサート

ふじの郷では色々な方々がボランティアで来られ
歌や踊り、演奏などを披露して下さっていますが
今日はボランティアグループ奏~かなで~のお二人が
ピアノとフルートのコンサートを行ってくださいました。

曲目は
見上げてごらん夜の星を
愛燦燦
お祭りマンボ
川の流れのように
花は咲く
日本の歌メドレー
津軽海峡冬景色
人生いろいろ

耳馴染みのある昭和の名曲ばかりで
いつもであれば、演奏に合わせて一緒に歌われる皆さんが
今日はじっと目を閉じて
演奏をお聴きになられていたのが印象的でした。

終わった後も皆さん去りがたいようで
座席に座ったまま、
今日の演奏の感想をそれぞれにお話されておられ
大変喜んで頂けたコンサートでした。

また、是非演奏に来ていただけたら嬉しいなと思った次第です。
ありがとうございました!

20170119ピアノとフルートのコンサート (10)

新春一発目はやはりさくら会!

2ヶ月に一度のお楽しみのさくら会さん。

今年も年明け早々にお出で頂き、
また楽しくて素敵な舞台を披露して下さいました。

このところ歌や踊りの合間に入れてくださる体操時には
利用者のみなさんも
常日頃デイで運動されている成果がしっかり出て
素晴らしい反応を見せていましたww

次回は3月、さくらの季節。
そのお名前どおりの桜の時期に
また素敵な舞台を楽しみにしたいと思います♪

20170114さくら会 (13)

支えあいのわ in くるめ

久留米シティプラザにて
くるめ地域支援センターの主催で
久留米市民公開シンポジウム2017が開催されました。

ふじの郷からも体験のコーナーのイベントとして
昨年の9月から行ってきたドレミ♪で介護予防の短縮Verを
午前、午後の二回行って参りました!

行うスタッフもどれだけの方がいらっしゃるかドキドキでしたが
ふたを開けてみれば、用意した椅子が足りなくなるほどの盛況で
終了後も参加された方からアンコールが出るほどで
安心すると同時に手ごたえを感じた次第です。

くーみんTVのインタビューも受けましたので
オンエアの時には是非、皆さんご覧頂けたらと思います♪

1484367277338

2017年 新年のごあいさつ

106-16

2016年のご挨拶では、
申年は「騒がしい」という経済界での格言について触れました。

はたして、わが国は4月の熊本大地震をはじめ
様々な人災・天災に見舞われ、
世界でも驚くような出来事が重なって起きて、
たしかに騒がしい年となりました。

今年こそは、平穏な一年でありますようにと祈る気持ちは、
皆さまも同じかと拝察申し上げます。  

さてふじの郷に関して言えば、
近年ようやく地域の皆さまにその存在が
知られるようになってきたように思われます。
さまざまな催しの際にお訪ねいただく顔ぶれも、
ご利用者さんやその家族のみならず、
広く久留米市やその近郊にお住いの一般の方々へも
広がってきているようで、ありがたいことです。

迎えた酉年は、鶏口牛後の故事にもありますように、
たとえ小さい組織であっても
高齢者福祉の先頭を走ることを目指して、
スタッフ一同さらに前進してまいります。

今年もどうそよろしくお願い申し上げます。

理事長 齋藤考由