ふじの郷だより

福岡県久留米市にある高齢者生活支援ハウス(居住部門・デイサービス部門)ふじの郷と訪問入浴サービス ふじの郷を紹介いたします

ふじのさと

令和二年 新年のご挨拶

01210093


令和二年 新年のご挨拶  
 

みなさま、明けましておめでとうございます。

令和になって初めてのお正月を迎えました。
昨年は、ひびきの杜設立から15年の区切りの年でした。
ところが、7月21日には大雨のためにはじめて床上浸水の被害にあい、
秋から年末にかけて大規模な復旧工事を余儀なくされました。
もちろん水害には再び見舞われたくはありませんが、
一方では、そのおかげで一階のフロア全体と二階のホールの床が
新しく貼り代わりまして、
新鮮な気持ちで新たな年を迎えることとなりました。

「人生万事塞翁が馬」のことわざにもあるように、
生きていく間にその時々には不幸なことだと思われたことが、
のちの幸いの源となることもしばしば経験されます。
 人は、年齢が増えていくにつれさまざまに体の不具合が現れ、
今までできていたことができなくなっていくことも少なくありません。
それでもなお、
新しい状況に対して適応方法を見つけ出し
新たな生き方を模索していくのも、人間の特徴です。

「ふじの郷」も、
歳を重ね組織として大人になっていくのに合わせて、
目の前の変化にも臨機応変していくことができるよう、
これからも努力してまいります。

新しい一年も、何とぞよろしくお願い申し上げます。


社会福祉法人ひびきの杜 理事長 齋藤考由  

どうぞ良いお年をお迎えください!

新しく始まった令和元年も終わろうとしています。

本年は様々な自然災害が多く日本列島を襲い、
久留米も大きな浸水被害があり、
ふじの郷も開設15年目にして床上浸水という
思いがけない被害を受けました。

それでもふじの郷に関わるたくさんの方々からご心配の声や
「頑張って!」という応援の声を頂戴し、
振り返れば温かさに満ちた1年だったと感じます。

さあ、いよいよ令和も2年目を迎えます。
東京オリンピックという大きなイベントもあり、
どうぞ日本が明るく平和な1年でありますように。

そして私たちも変わらず明るく新しい年を
みな様と一緒に歩んでいけますように。
なにより、ふじの郷に集う方々が笑顔でおられますように。

1年間、本当にありがとうございました。
どうぞどうぞ良いお年を!

施設長 長谷川 美樹

yoiotoshiwo_omukaekudasai_y


新年のご挨拶

0438
2019年 新年のご挨拶

新しい年を迎えるにあたり、ご挨拶申し上げます。

昨年のご挨拶では、平成という元号の区切りを迎えるということを
述べさせていただきました。
そして、いよいよ5月から用いられる新しい元号が、
4月1日に発表されることとなりました。
即物的には年代の呼び名が変わるだけのことですが、我々日本人にとっては、
やはり新しい時代を迎えるという清々しい気持ちが湧いて参ります。  

私たちが運営しているふじの郷の各部門においては、
平成後半の15年余をかけて、
ようやく施設の持つキャパシティをフルに活かした
地域福祉活動ができるところまで育ってまいりました。

来たる新しい時代に向けては、
より一層その活動内容を充実させていくべき時を迎えたと感じております。
どうぞ、本年もよろしくご利用のほどお願い申し上げます。

社会福祉法人ひびきの杜 理事長 齋藤考由

ふじの郷開設14周年記念 高山大知 ハンドフルートコンサート

7月21日(土)の2時より
ふじの郷開設14周年記念
高山大知 ハンドフルートコンサートを行いました。

ハンドフルートとは、
楽器を使わずに自分の両手を組み息を吹き込んで音を出す奏法で、
高山さんは中学生のときにこのハンドフルートに出会い
独学で習得されたとのこと。

TV・ラジオ、コンサートやイベント、
また学校や施設などで音楽活動を多数行っておられます。

曲目は
1.少年時代
2.いい日旅立ち
3.恋に落ちて
4.チャーチルダーシュ
(「心の瞳」齋藤考由 ミニステージ)
5.上を向いて歩こう
6.川の流れのように
7.見上げてごらん夜の星を

ハンドフルートという初めて聴く演奏であることだけでなく
その音色の優しさ、温かさ、そして心が癒されてゆく感覚に
会場の皆さんはじっと耳を傾け熱心に演奏を聴いておられました。

高山さんがアンコール曲を紹介する際に
このような演奏を通して自分には沢山の故郷が出来ましたと
おっしゃっておられましたので、
是非、ふじの郷もその故郷の一つに加えて頂けたらと思った次第です。

また、ふじの郷でお会いできますことを
楽しみにお待ちいたしております。

20180721ハンドフルートコンサート (1)

ふじの郷14周年を迎えるにあたって

この14年間に出会った沢山の方々に心から感謝しつつ
これからもますます元気に明るく頑張って参りますので
どうぞ今後ともふじの郷をよろしくお願い致します。

ふじの郷 スタッフ一同

新年のご挨拶

平成三十年 新年のご挨拶  
             
新しい年を迎えるにあたり、一言ご挨拶申し上げます。
私たちは、一年一年の区切りに際して
新たな目標や誓いを立てることも多いものです。
この「一年」という区切りの他に、
我が国には「元号」による区切りがあります。
古くは、天皇の退位・即位の際に限らず、
大きな出来事があった場合にも元号は新しくされたものでした。
今年は、平成30年です。
そして来年5月には
まだ見ぬ新しい元号へ変わることが決まっています。
そういう意味で本年は「平成」という時代の
総まとめの年と言っても良いかもしれません。

みなさんは、この一年をどのような年にしたいとお考えでしょうか。  
「ふじの郷」の運営主体である社会福祉法人ひびきの杜は、
平成15年に設立されましたので、
今年は満15年を迎えます。
人に例えれば、中学を卒業し義務教育を終える歳にあたります。
つまり、いよいよ大人としてのふるまいが求められる年
と言ってもよろしいでしょう。
しっかりと、地域にお住いの方々に頼りにされる存在となっていくことが
わたくしたちの課題であると考えています。

今年一年、何とぞよろしくお願い申し上げます。

 社会福祉法人ひびきの杜 理事長 齋藤考由

どうぞ良いお年をお迎えください


午前中は雨模様だった久留米も
お昼からは柔らかい日差しが注ぐ大晦日となりました。

 毎年、年末のこの最後の日には1年間を振り返り、
様々な思い出を楽しむ時間を過ごす事が恒例となりました。
新しい出逢いもあれば淋しいお別れもまたたくさんありましたが、
いつの日もたくさんの利用者さま、居住者さま、
そして地域の方がたに支えて頂いて元気と笑顔をもって
無事に平成29年のサービスを終える事ができました。
そんなみなさまに心から感謝申し上げます。
本当にありがとうございます。

来る平成30年がどうぞ穏やかで温かい1年となりますように。
ふじの郷に集って下さる方々がお元気でお過ごしになられますように。
新年にたくさんの祈りを込めて年末のご挨拶とさせて頂きます。
どうぞどうぞ良いお年をお迎え下さい。

高齢者生活支援ハウス ふじの郷
施設長 長谷川美樹

トリ挨拶

ふじの郷クリスマス2017

ふじの郷クリスマス2017

音楽の贈り物~ピアノコンサート~

恒例となったふじの郷クリスマスコンサートを
本日2時より2階ホールにて行いました。

曲目
第一部
(ピアノ独奏)
愛の挨拶 エルガー
洋上の小舟 ラヴェル
音の絵0p.39-1 ラフマニノフ
雨の樹・素描Ⅱ~オリヴィエ・メシアンの追憶に 武満徹

(テノール独唱)
「美しい水車小屋の娘」から シューベルト
6.わけをしりたがるもの
10.涙の雨
18.枯れた草花

第二部
(映像とピアノ)
「天地創造」
田中カレン 「地球、星のどうぶつたち」より抜粋
(ピアノ独奏)
ノクターン ショパン
(ピアノ連弾)
グリーンスリーブス
エーデルワイス
すべての山に登れ
ジングルベル

冷たい小雨の降る生憎のお天気ではありましたが
100人を超えるお客様がお見えになられ
最後には皆さんで「きよしこの夜」を合唱して閉会致しました。

慌しい年の瀬ではありますが
ほんのひと時でもほっと安らげた時間でありましたら幸いです。
20171210ふじの郷クリスマスコンサート (29)

花火を見ながら舌鼓を打つw

8月のイベントの締めくくりはなんと言っても5日の花火大会。

今年も施設の屋上で花火を見ながら美味しいお弁当に舌鼓を打ちましたw

いつもは水天宮の方から上がる花火が
前のマンションの陰になって見えないことが多いのですが
今年はそのマンションの高さを越えた花火が結構あり
また少し打ち上げ場所がずれたのか
マンションとマンションの隙間からきれいに見えたものも多く
素敵な花火を沢山堪能することができました♪

また来年もこうやって皆さんと一緒に
美味しいお弁当を食べながら花火を見ることができます様に・・・

24

船太鼓通る

毎年8月5日朝に回る船太鼓です

2017085 funadaiko

船太鼓行事とは・・・

壇の浦の戦で平家が滅びましたが
その際、御祭神の安徳天皇は、
抱き参らせる祖母二位の尼に
「海の中にはどの様な都があるぞ」と問われながら
渦潮の中に消えられたそうです。
源平の兵士たちは御幼帝のいたましい御幸を見て
舷を鳴らし軍鼓をたたきご冥福を祈りこれを送りました。
これが水天宮船太鼓として続き、
今日では子供達の連体感を培う子供太鼓として残っているとのこと。

私達も船太鼓が通る際、外に出て
手を叩いて見送りさせて頂きました。
このような行事も地域の一員として
大切にしていきたいですね。

今年も出ました!そろばん踊り!

毎年参加している水の祭典のそろばん踊り!
今年も参加致しました!

例年3人で参加しているのですが
今年は面子が揃わず・・・・少数先鋭で臨んだ次第ですw

連日日中は37度を記録し、今日はどうなることかと思いましたが
台風の影響か、結構風が吹いてくれて涼しく
昨年よりも体力を消耗することなく踊りきることができました♪

また、来年も頑張りますよーーーーっ

20170804_181846[1]